高い水道代?下水道代?

水道使用量に応じ下水道料金が設定されている。(水道料金より2〜3割高)
庭木に散水、車の洗車なら 下水道使ってないのに・・・・そんなの全く考慮無し!

電気(ガス)は随分安く年間約5万円に対し、上下水道代は年間約11万円以上
・・・・

上下水道代 いくら節約になるかは不明であるが・・・・・・小さな抵抗に踏み切ったのダッ!

 
☆設置場の検討結果

庭木への散水・車の洗車、作業性を考え

庭石に井戸用モーターを置き
その前に洗い桶を設置します。

排水溝は考えず、地下へ浸透させます。
←打ち込みパイプの先端です。

パイプに5mm程の穴が開いてます。

ここから地下水を吸い込む仕掛け!

一本4mの長さがあります。
↓4mのパイプ先端に削岩機セットし起こします。 ↓100Vのコンセントへ接続し、打ち込み開始!
↓ロープを下に引っ張り、打ち込みます。 ↓硬い箇所では削岩機?にぶら下がり!
↓トラブルも無く順調に打ち込み進行中 ↓4mのパイプ、ほぼ打ち込み完了
↓所要時間約10分で完了 ↓4mのパイプの先端に2mのパイプを接続します。
↓再度削岩機セットです。 ↓これまた順調に打ち込まれてます(^−^)
↓巨大なレンチで削岩機側を外します。
この穴が地下6m地点の地下水の層と繋がってます。

覗いて見ても真っ暗でなぁ〜にも見えません

6mのパイプ打ち込むのに要した時間は約15分!

岩とかが出現すると場所を変えて再打ち込み
一日掛かってもダメな場合もあるそうです。

我家の敷地はまさ土・粘土(田んぼ)・川砂となってる模様

こんなにスムースに打ち込めたのは久ぶりとのこと(^−^)

施主の日頃の行ないが良かったのだろう・・・・
↓パイプにビニール管を通して水道水を注入。 ↓パイプ内のまさ土が押し出されてます。
↓パイプ内の粘土が押し出されてます。 ↓水中ポンプで地下水を吸い上げてます。まだ汚い水です。
↓10分程で廻りの砂を吸出しました。 ↓約30分後には砂も無い透明な地下水へ変わりました。
↓お昼休みも水中ポンプは止まりません。 ↓我が家の汲み上げポンプ(これから何年も活躍します)
↓当初計画してた位置にピッタリ収まりました。 電気の配線を地下のパイプに通します。

砂越器→ポンプ→蛇口へと配管します。

埋め戻して完成ですが洗い桶も排水も必要です


当初雨水用の枡へ配管繋ぐ予定でしたが、植物や庭石
等を広範囲に掘り返す事となるので中止!

近くに枡を埋め枡の底に小さな穴をいっぱい開けて
地中に浸透させる事としました。

ダメなら後日雨水用の枡へ配管繋げば良いじゃん!
ポンプの保護と配管を隠すために

自分で日曜大工しました。

後は廻りに竹を利用して垣根なんぞ付けて
景観とマッチさせるつもりです。
打ち込み式井戸を設置!
使用感

冷たい冷たい綺麗な地下水が自由に使用できます。
庭木もたっぷりと水が貰えるので喜んでます。
2ヶ月先の上下水道代が楽しみです。

保険所で水質検査やって見る予定!